なかなか副業探しもないので知り合いに話しておくのが一番

By: Alessandro Valli

ちゃんとした仕事をしながらももう少しだけお金があったらいいなと思うことは多々あります。単発で何か仕事へ行こうかなと思ってもすぐその日に仕事と言う訳にいかず一度手続きや登録をしてからとう面倒な作業がつくことが多く、なかなか仕事を始めることができません。なので私がとった手段としては友人などに何か仕事があったら言ってねなんてあちらこちらに話をしていました。

そうしたことで、回数は多くはありませんが知り合いの会社のイベントのお手伝いに行ったり、比較的コンスタントにできたのはハンドメイドオリジナル商品のサンプル作りの仕事でした。それは染物屋さんのB級品などのハギレを使っての小物作り。私はもともと手作りが好きな上に。一人で黙々と作業することも大好きでした。なのでこの仕事は願ったりかなったり。それに友人の知り合いということもあり比較的自由にさせてもらえたこと、好きなことをやりながらお金がもらえたことなど報酬自体それほどではありませんでしたが、空いた時間で少しでもお金が稼げるというのは私のとってありがたいことでした。

1年ほど続きましたが、私の本職が忙しくなりまた子供たちの進学などが重なりそのまま仕事を辞めてしまいましたが、とても楽しい仕事でした。今は自分で布を買ってきてオリジナルハンドメイド商品を作りながら、フリーマーケットや何かのイベントに時々出店しては小銭を稼いでいます。やはり本職があれば副業は自分の好きなことが自分のペースででいるのが一番ではないかと思います。本職ではどうしてもストレスなどある場合があります。

現在私の本職もそうですが、小銭稼ぎ程度の副業であれば好きなことが出来るのが一番で、本職のストレス発散になれば一番ベストかなと思っています。もちろん収入が多ければ多いに越したことはありませんが、私の場合そんなスタンスで副業をするようにしています。副業が本業になれば一番理想的な仕事なのですが。