利息の負担が軽減できるおまとめローンとは

おまとめローンとは、その名前の通りに複数のローンを1つにまとめる事です。車の購入や学費など、それぞれの用途に合わせて複数のローンを組んでしまった場合、毎月の返済日がそのローンごとに違うため口座への入金を忘れてしまったり、ローンによって金利が違ってきて残債の計算や毎月の利息の負担額などがわからなくなってしまうなどの不都合が生じてしまう可能性があります。そんな時に利用したいのがおまとめローンです。おまとめローンで複数のローンを1つにまとめると、支払日は1日だけで済みますので入金忘れが起こる可能性が低くなります。また複数のローンをまとめるということは借入のための金額が大きくなるということでもあります。そのため、少額のローンを複数組むよりも金利を下げることができる可能性が高くなります。金利が下がればそれだけ支払わらなければいけない利息が減少しますので、トータルで考えた時に支払う総額を少なくすることができるというメリットを得ることができます。

しかし、おまとめローンを利用したすべてのケースでメリットがあるとは言えません。それは、今まで支払っていた毎月のローンの返済額とおまとめローンの毎月の返済額を比べた時に、おまとめローンの毎月の返済額が減少してしまった場合には、金利が下がったとしてもトータルで考えた時に支払う総額が高くなってしまう可能性があります。これは毎月の返済額からはまず、利息が引かれ、その残りが元金の返済に充てられるという仕組みになっています。そのため、毎月の返済額が減少するということに繋がります。毎月の返済額が減少すれば、元金の減少スピードが低下してしまうことになり、元金の返済までの期間が長期化してしまうことになります。そのため、おまとめローンを組むときには、現在の毎月のローンの返済額と同等の返済を行うことが、利息を減らし元金の完済までの道を短くすることが大切なポイントになります。